2015年05月17日

10代の肌に戻る顔ヨガ!


10代の張ってる顔を作るには
鼻周辺や目元 額といった
顔の中央ラインです

ぷっくらとした筋肉をつけるには
ただ単にエクササイズをしていては

鍛える(筋肉が落ちる速度を抑える)程度は可能ですが
肌の張りを戻す事にはなりません



10代のような肌の張り感に近づくには
太い筋肉を育てていくように
鍛えなければならないと思います

太い筋肉を育てるにはどうすればいいか?
筋肉モリモリのボディービルダーはどうやって筋肉を発達させているでしょう?

ボディービルダーは負荷をかけて体を鍛えています
大きな負荷をかける事で筋肉を太く強くしているのです

顔筋も同じように大きな負荷をかけていけば
10代に近い肌の張りに近づく事も可能です

負荷をかける器具として口に挟んで鍛える道具がありますが
それは口周辺のほんの一部

鼻や目元 額といった大きな範囲を鍛える道具はありません

鍛える器具の代わりに手を使い負荷をかけ
太い筋肉を育てていきます


dddsorn

老け顔を改善するには
紫〜赤の範囲に筋肉をつけます
10代のような顔つきにするには
赤の範囲を発達させていきます

それには目の下まで
引き上げる大きな柔軟性が必要です


引き上げる筋肉をつけるには

口角を上げる(え)の口からトレーニング開始


ある程度上へ引き上がる柔軟がついたら


指で左右に押す加圧エクササイズで更に柔軟をつけていきます


目の下まで大きく伸びる柔軟をつけるには


加圧する角度や口の形状も変化させ

引き上げの筋力をどんどんつけていきます

 

加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪


 

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます

 


ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています






★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします




miyamezoto at 10:30│Comments(0)アンチエージング | 年齢肌

コメントする

名前
URL
 
  絵文字