効果がでない表情筋トレ深いホウレイ線の原因

2016年03月04日

若返らない顔ヨガ

表情筋トレーニングはシワやタルミに効果があり

10歳若返るとよくあるキャッチコピーが

メディやネットにも当たり前のように散乱しています。

10歳も若返るなら誰でもやってみたいと思うはず!

周りの皆さんはどうして猫も杓子も表情筋トレに

飛びつかないのでしょうか?

ずっと鍛えないとダメなために途中で諦めてしまうから?

でも本当に効果があったら?

嬉しくなって諦めてしまうなんてしないのではないでしょうか?

表情筋トレが世に広まっていかない最大の理由が

ソコにあるような気がします

足掛け9年近く表情筋トレを続けている私自身も

今のトレーニング方(加圧式フェイシャルヨガ)に行き着かなかったら

多くの方同様効果ないじゃないと止めてしまっただろうと思います

本当に年齢に勝てていると思うなら
続けていく人は増えていくでしょうし

化粧品よりもメジャーな手段として
世に広まってる事でしょう

何故今もなおマイナーな一部の人達だけの
所で留まっているのでしょう?

ソコには大きな問題点があるのです。

筋肉というものは細い繊維のような集合体で出来ています。
年齢を重ねるごとに筋肉量は毎年1キロつづ減っていくと
言われていますが

表情筋も同様でほどんど動かしていない(動かす事ができない)
ために筋肉は年相応に衰えていきます。

表情筋トレをはじめて衰えていた
筋肉も一時は活性化され肌の張りを感じる事あったと思います

私自身も効果が感じて続けていたのですが
ある時期を堺に効果率は下がり
年相応の顔つきになってきてしまいました

どうしてそのような状態になるのか?
筋肉は細かい繊維のようなもの
何度も同じ方向に動かしていると
繊維は伸びていきます
最後には伸びきって
弛んでしまうという事になるのです。


表情筋トレ/副作用とくぐれば
いろんな症例が出てくると思いますが
俗にいうやり過ぎると老けると言われる所以です

筋肉は繊維という認識が理解できているなら
同じやり方を続けていく事はしないでしょう

伸びきってしまう前に
負荷をかけ筋肉を太い繊維に
作り替える
加圧式フェイシャルヨガという顔筋版ウェイトトレーニングへと
移行した事は自然な流れと考えられるものです。

筋肉を太くしていくには
ウエイトもそのつど強化していかなければなりません

負荷の掛け方もそのつど軽いものから重いものまで
取り揃える必要があるのです。

指や手の角度また表情筋エクササイズの組み合わせで
大から小までのウエイトを変化させていきます。

表情筋トレをしていても
自分が年相応の顔つきにしかならないなら
顔筋の繊維は伸びきってしまっていると
疑ってみてください。














加圧式顔筋トレ
トレーニング期間一ヶ月前後の改善例







S様50代

アゴから口のタルミ改善例

白石様横顔改善例1〜8






コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
効果がでない表情筋トレ深いホウレイ線の原因