眉間のシワ改善は歪みを作る。首のシワは口の運動を利用する。

2017年03月27日

50代からの肌張りケアーは顔の筋トレ

50代を超えると肌の状態は

日々幾度となく

目に止まるようになってきます。


一番気になる部分は何処でしょう?


口の周りですか?

それとも頬周辺でしょうか?

あるいは目元ですか?


顔の位置からして

上に位置している部分が

気になるようなら


筋肉の落ちがひどいと言えるでしょうか

肌の張りは下から順番に落ちていきます。


丁度建物のイメージです

基礎があって

その上に建物が建っているように


土台の部分から

落ちていくのです


顔のタルミ位置が高いと

既に土台がボロボロになっている可能性が高いでしょう


基礎となる土台場所(アゴから口)より

上が気になる場合

まずは基礎部分から鍛えていってください


アゴから口周辺を鍛え

しっかりとした基礎が出来たら

今度はその上にある頬筋を目の上辺りまで

強化していきます。


目元のタルミが酷い場合

土台から建物部分まで強化する事で

落ちてきている目元に張りが出てくると思います


まずは土台アゴから口周辺から強化していきましょう!


加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします

S様50代

アゴから口のタルミ改善例

白石様横顔改善例1〜8



リアルタイムレッスン週一回


S様50代

アゴから頬のタルミ改善例



あご 、首トレーニング1〜3

アゴから首まで加圧式顔筋トレで鍛えた改善例










miyamezoto at 20:41│Comments(0)50代 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
眉間のシワ改善は歪みを作る。首のシワは口の運動を利用する。