40代後半からの肌張り戻し方目の下のタルミ表情筋で改善

2017年04月02日

目元を引き上げるなら 表情筋の柔軟性!

目尻の下がりをなくし


目元を引き上げたいなら


表情筋を鍛えます。


目元が下がっている周辺を

指で触ってどれくらい

タルミがあるのか

調べます。


指で引き上げた分だけ

目元のタルミがひどいなら


顔の脇一帯が衰え

張りがなくなっている証拠なのです。


張りを戻すためには

肌の下にある

筋肉の層を発達させていくこと!


目元周辺の筋肉を発達させていくには

筋肉の柔軟性が必要になってきます!


柔軟性をつけていくには

普段から大きく動かしている部分を

テコに柔軟性をつけるのです。


表情の筋肉は大きくわけて

口と目と眉周辺、三箇所が柔軟性ポイントです


目元周辺なのだから目の周りだけ

動かしてしまいがちですが

本来一番柔軟性が出来るのは

口周辺なのです。


口の動かし方一つで

大きく柔軟性が変化するといっても過言では

ないでしょう。


大きな筋肉の波を起こしていく

イメージです。


口周辺から大きな筋肉の波を作り


目の周辺まで動く柔軟性を作ります。



加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


5種類の基本エクササイズはこちら!

 

ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています

リンク先にある動画を視聴し

負荷をかけて行う表情筋トレーニングを体験してみてください




具体的なエクササイズはリンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:20│Comments(0)目尻下がり 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
40代後半からの肌張り戻し方目の下のタルミ表情筋で改善