笑うと出来る縦シワは(へ)の口から加圧運動をしようゴルゴ線改善(上の柔軟性)をつけて頬筋を発達させよう

2017年06月01日

ホウレイ線改善(え)と(い)の口で加圧運動しよう!

ホウレイ線は大きくわけて

2種類の改善方法があり

どの場所にタルミがあるかで

鍛え方も変わります


まずは


タルミの原因個所をさぐります

 

気になるホウレイ線はどこを引っ張る事で

改善するでしょう?

 

顔の端を指で摘んでみましょう

 dddsorn

アゴ端に近い部分を引っ張るとなくなりますか?

 

それとも頬の上の方を引っ張るとなくなりますか?

 


弛んでいる箇所を把握する事で


本来筋肉をつけていかないといけない


部分が見えてくると思います

 

 

アゴ端周辺のタルミが原因の場合は横ストレッチをつけます

 

頬周辺のタルミが原因の場合は(上ストレッチ)をつけて強化します

 


アゴ端に近い方は横ストレッチの柔軟性をつけていきます

横は(い)の口で柔軟性を出しますが

人によっては横ストレッチがすぐに出来ない場合が多く

ホウレイ線の原因がアゴ端の場合は得にアゴ下の準備体操からはじめた

方がベストだと思います

まず(へ)の口で口角を下げて鍛えて

強化した後(い)の口横ストレッチを作っていきます

 

頬から上が原因でタルミが出来ている場合は

(え)の口で口角を引き上げます

引き上げの柔軟性をつけて

口角の上から順に上へ上へストレッチしていきます

 

横のストレッチも上のストレッチも

すべて加圧運動で負荷をかけてエクササイズします

 

指や手で左右上下に押しながら

顔の体操をする事で指で押した部分だけを

強化しまた柔軟性をつける事ができます

加圧運動で横と上のストレッチをつけ

 

ホウレイ線の原因になっている弛んでいる部分を

引き締め圧縮させてその部分に筋肉をつけましょう

**********




miyamezoto at 20:00│Comments(0)ホウレイ線改善体操 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
笑うと出来る縦シワは(へ)の口から加圧運動をしようゴルゴ線改善(上の柔軟性)をつけて頬筋を発達させよう