2017年06月02日

ゴルゴ線改善(上の柔軟性)をつけて頬筋を発達させよう

目の下にできるゴルゴ線

 

ゴルゴ線は上唇挙筋、口角下制筋を発達させて

 

改善するのですが

 

その部分を発達させたい場合

 

 

 

上へ伸びる柔軟性が必要です

 

 

頬筋エクササイズをした時に

 

指で押してみます

 

押さえながらエクササイズをすると

 

頬筋は動くでしょうか?

 

指で押さえても動くなら頬筋に柔軟性が出来た事になります

 

繰り返し押さえて顔の体操をしていく事で

 

頬筋は大きく強化されるのです

 

ウエイトをかけてトレーニングすると

 

強化され柔軟性もついてくる

 

伸びる筋肉が出来ると伸びた分だけ発達してくれます

 

ゴルゴ線は目の下にある頬筋が落ちて引き起こるタルミ

 

目の下丁度目頭の下あたりは

 

日常ほとんど動かす機会がありません

 

その為に筋肉の衰えが早く出る箇所

 

普段動かしてない所を体操で鍛えようと思っても

筋肉が発達する率は低くなります

 

そこでウエイトをかけて鍛えて

発達する率を上げる必要があるのです

 

頬を引き上げる体操は(え)の口でエクササイズします

ウエイトは指で内側へ押します

 

ウエイトをかけるまでには(え)の口で口角を引き上げる

訓練をしある程度柔軟性をつけてウエイトをかけます

 

下記リンク先にエクササイズ動画をアップしていますので

参照ください

**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます



(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします




miyamezoto at 20:00│Comments(0)ゴルゴ線改善体操 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字