ゴルゴ線改善(上の柔軟性)をつけて頬筋を発達させよう顔が伸びる(上唇挙筋)を発達させよう!

2017年06月03日

目尻下がり改善(側頭部まで伸びる)筋肉をつけよう!

目尻の下がりは日常無意識にしている


表情が原因で引き起こります

 

いつも笑顔をたやす方は目尻下がりが酷くなってしまいますね

 

笑顔をしてみてください

目尻から頬骨周辺に硬直感が出ると思います

 

何度もする事でその部分だけにGが掛かってしまい

下へ伸びていくと考えてください

 

目尻を上へ引き上げるには

下へ伸びる力よりも

 

上へ引き上げる強い筋肉をつける事で

目尻下がりのGに対抗できるのです

 

コメカミから側頭部を指で引っ張ってみてください

目尻下がりはどうなりますか?

 

ピンと張った目元になるなら

上にある筋肉が衰え支えられなくなっているのです

 

目尻下がりを改善するには

どこを鍛えないといけないかわかると思います

 

原因個所を見つけたら

そこに張りを戻すにはどうすればいいかです

 

側頭部を鍛えるには

そこまで動く筋肉に作り変える必要があります

 

側頭部まで伸びる筋肉です

 

顔の体操は動く範囲がごく狭く大きく

範囲を広げていく必要があるのです

 

基本は顔の体操ですが

広げていくためにウエイトをかけてトレーニングします

 

指や手で負荷をかけて体操する事で

ウエイトがかかりより強く柔軟な筋肉になっていきます

 

側頭部まで伸びるしなやかな筋肉をつくり

顔の体操では改善しない目尻さがりをUPしよう!



**********




miyamezoto at 20:00│Comments(0)目尻下がり 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゴルゴ線改善(上の柔軟性)をつけて頬筋を発達させよう顔が伸びる(上唇挙筋)を発達させよう!