2017年06月04日

顔が伸びる(上唇挙筋)を発達させよう!

若い頃は締まった顔つきだったのが

年齢を増すごとに間延びした印象になる

顔が伸びた印象を受けるのは

上唇挙筋の衰え

表情が出ない方は

得に筋肉の落ちが酷く

唇と鼻の間が開いていくと思います

鼻中心2〜3㎝のエリアは日常動かす機会が少なく

衰えやすい顔筋です

dddsorn


顔の体操をしても

其の部分だけを鍛える事は

困難な箇所

顔伸びを改善するには

上唇挙筋を発達させます

一部分だけを発達させるために

ウエイトをかけながら

トレーニングしていきます

負荷をかける事で発達させたい

部分だけを強化する事ができるのです

ではどうやってウエイトをかけるか?

自分の指や手で負荷をかけていきます

間延びしてる気になる部分に指をおいて

上下に負荷をかけて顔のエクササイズをします

鼻中央から2〜3センチのエリアは得に動かない

部分です

一番動く箇所から上唇挙筋を鍛えます

日常常に使っている筋肉を強化する所からはじめていきます

口角を引き上げる(え)の口で上ストレッチの柔軟性を十分につけていきましょう

大きく動く上ストレッチがつけば

上唇挙筋の上に指を置きウエイトをかけて

エクササイズしても引き上がってくれると思います

ウエイトをかける前段階の基本エクササイズから

はじめていきましょう


**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます



(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします






miyamezoto at 20:00│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字