アゴのタルミ

2017年04月21日

フェイスラインの引き締めは首元までの柔軟性!

フェイスラインのタルミをなくし

小顔にするには

首元まで伸びる

筋肉の柔軟性をつけます!


フェイスラインが弛むのは

アゴ下にある表情筋を

日常あまり動かしてないからです!


大きく口を開ける習慣をつけること!

大きな口を開けると

アゴを大きく動かす事になるかとおもいますが

フェイスラインのタルミが酷い人は


大きな口を開けることすら

大変な事です!

口を開ける事に慣れてないと

三日坊主になってしまいます!


口の筋肉を使うにしても

効率良くトレーニングをする方が

継続しやすいかと思います。


大きな口を開けるより前に

アゴ下の筋力アップからはじめて

首元まで伸びるしなやかな筋肉を

発達させます!


口角を下げて

指を両端から圧縮させます!


口角を下げる口の形状をすると

アゴの真下が固くなり

更に指を入れて圧縮する事で

アゴ下の筋力を上げるのです!


アゴ下の筋力アップがある程度出来れば

大きな口を開く事もさほど大変には

ならなるでしょう!


画像オレンジ色アゴ下の柔軟性を作ります

37


口を大きく開く

(緑の範囲まで柔軟性をつける)と首元まで

動くようになってきます!

首元からアゴ下まで伸びる筋肉率を

高めていきましょう!






具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:27|PermalinkComments(0)

2017年04月15日

フェイスラインをスッキリさせたい

アゴが落ちタルミが出て

フェイスラインが無くなってきている


そう感じるなら

口を大きく開ける事から

はじめます


アゴを使う口の体操は

色々なエクササイズがあるでしょう

毎日一回でも大きく口を開ける事を

していけばなんらかの改善が見られるのではと

思います!


口を大きく開けても

フェイスラインがスッキリしないなら

口を大きく開ける代わりに

『へ』の口をします


これはアゴ下を一番使うエクササイズなので  

フェイスラインをスッキリさせる

速攻性があり

人によっては「への口」をしにくい場合がありますが

指をアゴ下に差し入れて

アゴ下の筋肉をちゃんと動いているか

確認して下さい!


への口をするだけでなはなく

指でアゴ下の筋肉を圧縮させながら

体操をします!


指で圧縮することで

さらにアゴ下を強化が

出来るでしょう!


百聞は一見にしかず

ホームページにアップされている

動画をみなから

トレーニングしてみて下さい!





具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします




miyamezoto at 20:35|PermalinkComments(0)

2017年03月31日

フェイスラインのタルミはアゴ下を鍛える

30代中頃辺りからフェイスラインが崩れてきます。もともとアゴが細い人は   

フェイスラインの崩れが酷くなる傾向にあるでしょう

骨格も関係あるでしょうが

口の開きが日常少ないと

アゴの衰えが大きくなり


フェイスラインの崩れも早くから

はじまります。


酷い方は首にまでタルミが出てくるようになって

きます。

アゴから首にかけて繋がったような

印象が出て来たらフェイスラインの崩れが

首まで弛んで来ていると思って下さい。


フェイスラインの崩れが軽くても

酷くてもアゴ下の筋肉をはじめに鍛えてます。


丁度首との付け根アゴの裏です。

口を大きく開く事でアゴ裏の筋肉を

動かす事は出来るのですが


フェイスラインの崩れが酷い場合は

筋肉の引き締めをします

強化するには口を開ける体操だけでは

改善しません


指で押さえて圧縮し

ポイントでアゴ下を鍛えていかなければならないと思います


フェイスラインの崩れが酷い場合は

アゴ裏から丁度エラが張っている

アゴ端まで負荷をかけ筋肉を引き締めます。


それには口をストレッチ出来るだけの柔軟性が

必要になってくるでしょう!


柔軟性はいきなりつくものでなく

訓練が必要になってきます


はじめは柔軟性がなくても

比較的にやりやすい所から

トレーニングをはじめて行きましょう!



具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします




miyamezoto at 19:29|PermalinkComments(0)

2016年09月24日

フェイスラインの引き締めはアゴの柔軟性!

フェイスラインが気になりだしたら
口を大きくあける体操から
アゴの柔軟性をつけていきます

アゴの動きは下に下げる
横に開く
アゴを上下と左右に動かします

上下にアゴを動かす事は
わりと容易いものですが

左右(横に開く)に動かす事は
少し訓練が必要になってきます

(い)の口をしてアゴを横に引っ張りますが
横ストレッチがしにくい場合
アゴを強化するために

(へ)と(う)の口を交互にして
アゴ下の柔軟性をつけていきます

縦方向と横方向へアゴが動かせるようになってくると
シャープなフェイスラインになってきます



リアルタイムレッスン週一回


S様50代

アゴから頬のタルミ改善例



あご 、首トレーニング1〜3

アゴから首まで加圧式顔筋トレで鍛えた改善例




具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!

















miyamezoto at 20:52|PermalinkComments(0)

2016年05月26日

弛むアゴと首は捻る加圧で顔筋トレ

弛んだアゴや首は手でねじる力を利用します

手をアゴや首に掴んで左右に捻ります

捻るだけでも筋肉が動くのでタルミには効果がありますが
肌が引き締まり張ってくるようになるには

それ以上の力が必要になってきます

(へ〜い〜あ)の表情エクササイズを同時にトレーニングします

鍛える上でポイントは
ただ(へ)の口(い)の口(あ)の口にすればいいというわけではありません

アゴ下の筋肉がしっかり動かせているか否かが重要です

アゴや首のタルミが酷い方は無意識に口を開いているなど

日常的にアゴの筋肉を使っていない方が多いので

矯正していく必要があります

アゴ下の顔筋柔軟性を十分つけた上で

手でアゴや首をつかみ左右に捻ります

そうする事で普通に表情筋エクササイズをするだけよりも
一部分をポイントで鍛える事ができるのです


老眼・目のくぼみ陥没改善体操!(3回)


口横のシワ




具体的なエクササイズは
リンク先にて
ご視聴頂けます!

**************************

 



リアルタイムレッスン週一回


S様50代

アゴから頬のタルミ改善例



あご 、首トレーニング1〜3

アゴから首まで加圧式顔筋トレで鍛えた改善例






miyamezoto at 10:20|PermalinkComments(0)