頬がこける

2017年06月09日

頬がコケるウエイトをかけて筋トレしよう

頬がコケて顔に影が出る

老け顔を改善するには

 

頬筋にウエイトをかけて

鍛えます

 

頬筋体操だけをしていても

ふっくらとした頬にはなりません

 

ウエイトをかける事で

筋肉が太くなっていきます

 

頬コケを改善するには

頬筋を大きく発達させていく

 

それには負荷をかけて鍛えます

ダンベルやバーベルの代わりに

 

身近にある指や手を使ってウエイトをかけ

 

頬筋を引き上げる(え)の口の体操をします

 

ウエイトをかける力も最初は

小さくし柔軟性ができたら

 

負荷をかける指の角度を変え

ウエイトを引き上げて

トレーニングしていきます

 

頬コケは顔の輪郭部分の落ちなので

輪郭部分の筋肉を発達させないと

 

改善しないでしょう

顔の体操だけでは輪郭まで

鍛える事は困難ですが

 

指や手を使うことで

顔の端まで筋肉を動かす事が可能性になります

 

 

それには負荷をかけて鍛える事で

大きく柔軟性を作ります

 

頬コケの改善は

大きな筋肉の発達と

顔端まで届く柔軟性が必要です

 

ウエイトをかけて

筋肉の発達と柔軟性を作っていこう!



**********



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)