首のしわ

2017年03月28日

首のシワは口の運動を利用する。

首のタルミやシワは

他のパーツに出来るシワやタルミよりも

改善しにくい箇所です。


筋肉が動く方向や

動きが少なく

柔軟性ができにくいからだと思われます。


首を左右上下に振る体操と

口を開ける尖らすなどの体操を組み合わせる

また以上の体操に加え指や手で押したり伸ばしたりといった運動を加える事で

できにくい柔軟性をつくります


筋肉の伸び率が大きくなれば

シワが変幻自在になることで

定着せず次第に薄くなってくるでしょう


柔軟性を作るには

口の運動を利用します!

口の横ストレッチが十分出来ると

首元まで筋肉が動くようになります。


はじめはアゴ下の筋力アップからはじめ

横ストレッチが出来る柔軟性を作っていきましょう。



************


5種類の基本エクササイズはこちら!

具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 19:53|PermalinkComments(0)

2016年09月10日

首の弛みやシワは縦横の柔軟と引き締め

首の弛みやシワを改善するには
首周りに筋肉をつける

首を伸ばすエクササイズは
雑誌や動画でも紹介されていますが
首まわりに筋肉をつけるトレーニングは

あまりないと思います
ではどうやって筋肉をつけていくのか!

首に手をあて圧縮したり
ねじったりと負荷をつくります

負荷をかけながら
表情筋エクササイズをしていきます

口を大きくあける(あ)の表情や
口を横にストレッチする(い)の表情を
しながら両手で圧縮したり
左右に捻ったりします

首の筋肉を縦に伸ばしたり横に伸ばしたり
斜めに捻れなりと首の筋肉を縦横無尽に
伸縮させ柔軟性を付けます

圧縮したり捻るエクササイズは 首の弛みに有効です

首のシワや弛みを改善させるには
同じ方向や向きの筋肉を動かさないで

色んな方向から鍛えるようにすることが
重要です

それには手を使い筋肉の動かす稼動率をあげるのです

kubikubi


画像)首タルミの原因個所です
手で後頭部を摘みタルミが改善したら
そこが原因で弛んでいるのです

タルミを改善するには加圧運動で
弛んでいる筋肉を引き締めます

首のシワの原因は後頭部からの
筋肉の衰えからシワになっている事が多いです



濃い緑の範囲に部分的に筋肉をつけていきます

それには後頭部が膨張する

しなやかな筋肉を作っていきます

 部分的に筋肉をつける


加圧運動で首のタルミを改善していきましょう!


***************


加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


5種類の基本エクササイズと加圧トレの進め方!

 

ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています

リンク先にある動画を視聴し

負荷をかけて行う表情筋トレーニングを体験してみてください


♪首を鍛える加圧運動エクササイズ


後頭部までの柔軟性をつけるには横ストレッチが必要になってきます
横ストレッチを作るアゴ下の強化は(へ)の表情

♪口(アゴ)を鍛える加圧運動エクササイズ


リアルタイムレッスン週一回

S様50代

アゴから頬のタルミ改善例



あご 、首トレーニング1〜3
アゴから首まで加圧式顔筋トレで鍛えた改善例
5種類の加圧式顔筋トレをして
トレーニング3回後にはアゴから首の引き締まりが
確認できています


★★














miyamezoto at 21:36|PermalinkComments(0)

2015年11月09日

首のリング*皺*改善!(加圧式顔ヨガ

首にかかるリングのような皺!

首の横に走るシワが出来ているなら


うつむく癖がありませんか?


仕事のデスクワークなどで

顎を下げる動作を無意識に繰り返していると

顎から首にかけて筋肉が衰えてきます。


気付かない内に首にリング皺が

出来てしまうもの!


首のリング皺が消えない人は

アゴを引いてうつむく

動作を繰り返しているのではないでしょうか?



 

 

首のシワを消す手段は色々ありますが

日常生活からの習慣や癖を正す事ができないと

首のリング*皺*は消えません!

 

これではお金がいくらあっても

足りませんよね!

 

無意識に表情はでてしまいます

直そうと思っても中々難しい

 

それなら顔の体操をしてみてください

首周辺を鍛えていく顔ヨガや

顔筋トレの習慣をつけていけば

 

動いていなかった顔筋が活性化されて

ピンと張っはった首元になってくるでしょう

 

エステに通う代わりに

首からアゴ周辺を鍛える

トレーニングをはじめてください!




【目のくぼみ陥没】が気になる方はこちら




♪目の下が気になる方はこちら♪



♪頬が気になる方はこちら♪



♪口が気になる方はこちら♪




♪首/アゴが気になる方はこちら♪






********************

★無料カウンセリング実施中★



貴方の顔筋に合わせて
カリキュラムをご提案いたします!

★詳しくはこちら★



リアルタイムレッスン週一回


S様50代

アゴから頬のタルミ改善例



あご 、首トレーニング1〜3

アゴから首まで加圧式顔筋トレで鍛えた改善例





miyamezoto at 09:49|PermalinkComments(0)

2015年07月07日

首のシワを消すメゾット(顔筋トレ

首のシワ改善は縦の柔軟性をつける所からはじめましょう!

首筋を伸ばすストレッチです

縦ストレッチで準備運動ができたら

今度は横へ伸びる柔軟性をつけていきます

大きく柔軟性をつけていく事が首についた

深く太いシワも改善していくポイントです

大きく柔軟性をつけていくには

負荷(ウエイト)をかけて体操をしていきます

まずは!タルミになっている

原因個所が何処なのか調べてみましょう

kubikubi
画像)首タルミの原因個所です
手で後頭部を摘みタルミが改善したら
そこが原因です

タルミを改善するには一部分の
筋肉を引き締めます



圧縮する運動と伸ばす運動を交互にする事で
より強化していきます

メゾットの最初は縦に伸ばす運動からはじめていきます


*********



加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪


 

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます

 


ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています





★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします

続きを読む

miyamezoto at 14:21|PermalinkComments(0)

2015年05月14日

顔筋トレ!首のシワを消したい

首は顔同様年齢が出る部位です

チョーカーなどの首輪をして
シワやタルミを覆い隠すご婦人もいらっしゃるかと思います

体と違って首は動かす方向が
同じになりやすく
いつのまにかシワが出てきてしまう

年齢が増せばタルミまで
それだけ首は常日頃動いてないのだと思います
首のシワをとるエクササイズ
顔筋トレをしている方なら
どのメゾットでも似たような動きだと思います

首のシワを消すには
首の筋肉をよく動かし柔軟に保つ必要があります

基本の動き5種類の内
(あ)と(い)の表情が
首とアゴが動くエクササイズ

首に柔軟性をつけるには
指や手で加圧運動をし一部分を強化していきます

(い)の表情をして内へ加圧
(う)の表情をして外へ加圧など

 kubikubi
画像)首タルミの原因個所です
手で後頭部を摘みタルミが改善したら
そこが原因で弛んでいるのです

タルミを改善するには加圧運動で
弛んでいる筋肉を引き締めます

首のシワの原因は後頭部からの
筋肉の衰えからシワになっている事が多いです



濃い緑の範囲に部分的に筋肉をつけていきます

それには後頭部が膨張する

しなやかな筋肉を作っていきます

 部分的に筋肉をつける


加圧運動で首のタルミを改善していきましょう!


***************


加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です



5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


 

リアルタイムレッスン週一回
S様50代

アゴから頬のタルミ改善例



あご 、首トレーニング1〜3
アゴから首まで加圧式顔筋トレで鍛えた改善例
5種類の加圧式顔筋トレをして
トレーニング3回後にはアゴから首の引き締まりが
確認できています


★★





 



miyamezoto at 15:03|PermalinkComments(0)