ほうれい線

2018年11月06日

Googleスライドで口を鍛えよう加圧式顔筋トレ

手で負荷をかけて鍛える加圧式表情筋トレーニング

手を上下左右斜めにと角度を変えて力を入れ顔の体操をして
鍛えていきます

やり方はとても簡単なのですが
正しくエクササイズしないと負荷がかからないため
鍛えていく順番が重要になってくるのです

基本の顔の体操で柔軟性をつけ

加圧運動へと進みます

柔軟性をつけるという手順を踏まないと効果が出てこないため

どうご紹介していいかと考えGoogleスライドを使って
レッスンしていただくようにしました

首は(う)と(へ)の基本形

負荷をかける向きは左右になります

下記のGoogleスライドから動画を再生し

青色の項目のリンク先へ進みます

鍛える順番はトレーニング一覧先にある項目を確認して

基本から加圧へと進んで鍛えます

レベル1段階からはじめ口角下制筋を強化してリフトアップさせていきましょう!


Googleスライドでレッスン♪

加圧式表情筋トレ

レベル1段階

(へ)の表情で口からアゴを鍛えよう

▶︎の印をクリック&tapし動画をご視聴ください







miyamezoto at 21:00|PermalinkComments(0)

2018年10月28日

ほうれい線!笑筋と咬筋の強化で改善!

老け顔の代名詞とも言えるほうれい線

ほうれい線が目立ってくると老けた印象になる

ほうれい線ができる原因は笑筋と咬筋の衰えによるもの

いつも大きな口を開けて笑ってる人はほうれい線はできにくい

噺家である明石家さんまさんは

60代でもほうれい線はあまり目立ちませんね

いつもあれぐらい馬鹿笑いできれば良いのですが

なかなかあんな風にはなれません

ほうれい線が目立ってきたなら

笑筋と咬筋に負荷をかけて鍛えます

負荷をかけて鍛えることで明石家さんまさんのような

いつも毎回大きな口を開けて笑ってるのと同等の効果や

それ以上に筋肉を動かしていることになるのです

笑筋と咬筋を手で圧縮させて笑う表情(え)の口をします

笑筋や咬筋に負荷をかけ柔軟をつける

口角を上へ上げる(え)の口で咬筋を
圧縮させて鍛えます

enokaatu




miyamezoto at 19:00|PermalinkComments(0)

2018年10月17日

深いほうれい線は耳の落ちが原因!

笑うと深く入るほうれい線
頬のタルミが酷くなってくるとほうれい線がより

太く深く入りタルミが目立つ

45歳を境にほうれい線が深くなってくるのは
側頭からの張りがなくなり

耳の位置も下に落ちてくるため
無表情にしててもほうれい線が目立つなら

側頭の張りが無くなり耳の元々の位置からずれてるいる証拠

耳を引っ張り上げてみて頬のタルミが改善するなら
頭皮の張りがなくなって痩せてきてる状態です

頭皮を動かして張りを戻す必要があります

かといっていきなり頭皮をガンガン鍛えることは難しい

はじめは口を大きく開けるところからエクササイズしていきましょう

ゴールは側頭と耳裏の筋肉を引き締めるトレーニングをしていきますが

其の前に口を横や上へ伸ばす柔軟な筋力が必要です

大きく伸ばす筋力がついたら指や手でウエイトをかけて

一部分をポイントで鍛えます

画像のように口を左右に動かして指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪





miyamezoto at 18:52|PermalinkComments(0)