ホウレイ線

2016年09月24日

フェイスラインの引き締めはアゴの柔軟性!

フェイスラインが気になりだしたら
口を大きくあける体操から
アゴの柔軟性をつけていきます

アゴの動きは下に下げる
横に開く
アゴを上下と左右に動かします

上下にアゴを動かす事は
わりと容易いものですが

左右(横に開く)に動かす事は
少し訓練が必要になってきます

(い)の口をしてアゴを横に引っ張りますが
横ストレッチがしにくい場合
アゴを強化するために

(へ)と(う)の口を交互にして
アゴ下の柔軟性をつけていきます

縦方向と横方向へアゴが動かせるようになってくると
シャープなフェイスラインになってきます



リアルタイムレッスン週一回


S様50代

アゴから頬のタルミ改善例



あご 、首トレーニング1〜3

アゴから首まで加圧式顔筋トレで鍛えた改善例



具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!

















miyamezoto at 20:52|PermalinkComments(0)

2016年09月21日

顔筋トレ(1日5分/15分)体操時間はNG!

顔筋トレや表情筋トレのキャッチフレーズに
トレーニング時間を書いています

1日5分又は10分のトレーニング!
これは体を鍛えるエクササイズの流れから
レッスン時間を明記しているのでしょうが

10年ほど顔筋トレを続けてきたものからすると
1日5分それも毎日してしまったら鍛え過ぎになります。

鍛え過ぎて顔筋が歪んでしまったり
バランスが崩れてしまって困ってる方がたくさん
いらっしゃいます

よくあるうたい文句のキャッチフレーズに
踊らされ真面目にトレーニングをした結果
歪な顔になってしまうパターンなのでしょう!

加圧式フェイシャルヨガヘ来られる方には
1日数回でかまいません
と伝えます
どんどん鍛えて早く筋肉をつけたいと思われるのは
よくわかりますが筋肉は休ます時間がとても重要で
休んでいる間に発達するのです

1日数回(1回〜4、5回くらいまで)して休むこと
顔筋が発達する上で細く長く継続して
トレーニングをしていく事が一番重要なのです


***************

加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていくトレーニング方です

5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


5種類の基本エクササイズはこちら!

 

ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています

リンク先にある動画を視聴し

負荷をかけて行う表情筋トレーニングを体験してみてください


具体的なエクササイズはリンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします









miyamezoto at 20:33|PermalinkComments(0)

2016年09月13日

ホウレイ線は頬筋を深く鍛える

ホウレイ線が浅い場合
よくある顔筋のエクササイズで十分でしょう

もしホウレイ線が深く濃くなってしまっているなら

深く立体的に鍛えないと改善しにくいだろうと思います

ホウレイ線を深く立体的にとはどういう事なのか?

ホウレイ線が深くなるのは
何度も同じ表情を無意識にしている結果
ホウレイ線が深くなってしまうのです

口をあけて頬を引き上げて笑います
その時動いている顔筋は丁度口角の少し上あたり
笑筋と呼ばれる部分でしょうか?

笑筋を繰り返し動かしていると
頬筋が浮き上がり余ってきてしまうのです

浮き上がっていく部分が大きくなればなるほど
ホウレイ線は深くなっていきます

頬が浮き上がらないようにするには
頬を立体的に鍛えます

立体的に鍛えるには手を使います
手を斜めに上斜め下にと頬を押します

頬を押しながら口を同じく
斜め上斜め下にXを描きながら動かします

その時丁度手の動きと反比例するように
負荷をかけます

頬筋を伸ばし、また圧縮します
Xを描くように頬筋を動かします

負荷がかかり伸縮することで
深くなっているホウレイ線の奥を鍛える事ができます
(ただし口を斜め上下に動く柔軟性が必要です)

頬が浮き上がる事なく立体的に鍛えて
深くなってしまったホウレイ線を改善します!


********

5種類の基本エクササイズはこちら!

具体的なエクササイズはリンク先にて動画を
ご視聴頂けます!



**************






目の下のタルミ改善体操!(1回)




縦シワ改善体操1回目















 体験入り口ここから!




★首から目元まで全カリキュラム★








miyamezoto at 21:58|PermalinkComments(0)

2016年09月10日

NG表情筋トレは重複エクササイズに注意!

表情筋エクササイズやトレーニングには
盲点があり幾度となく繰り返しブログ内で警鐘をならしてきました

まず第一に確立されたトレーニング方ではないため
はっきりとした結論が出てないということ

トレーニングする上で完結はないのです
ずっと鍛えつづけなければなりません

ただ同じエクササイズを続けていては効果は下がってきます
筋肉は細い繊維のような固まりです
鍛え続けていくと一時期までは発達しますが
その後伸びていきます。

伸びきってしまう前に負荷をかけ
筋肉を太らせていく必要があるのです

その時に注意しなければならない事は
重複していないかどうかです

どういう事かというと
無意識に日常動かしている顔筋と
ほとんど動かしていない顔筋があるのです

動いていない顔筋を発達させる事は
顔筋が均等になり顔つきが若返るようになりますが
日常無意識に動かしている顔筋と
体操をして動かす顔筋が重複してしまっていると
鍛えれば鍛えるほど顔筋の筋肉が伸びていきます

一部分だけが異様に発達し歪な顔になってしまいかねません
重複してないかよく精査しなければなりません

よくあるNGはホウレイ線を改善したいと
頬を鍛えようとする人が多いです
日常口角を上げて笑っている人は
無意識に頬を引き上げ動かしています

そういう方はアゴや口周辺を鍛えた方が
重複しないと思います
自分が日常どの顔筋を使っているか
よく観察してみてください


ほどんど動かす事ができない顔筋は
手や指で負荷をかけ表情筋エクササイズをする事で
満遍なく顔筋を鍛える事ができるのです

どこを負荷をかけていけば気になる弛みやシワがなくなるか
各個人によって様々です

***********

5種類の基本エクササイズはこちら!





miyamezoto at 21:20|PermalinkComments(0)

2016年03月06日

深いホウレイ線の原因

ホウレイ線が出る原因は様々あるでしょうが

原因の一つとして口角を上げ過ぎによるものがあります。

ホウレイ線が深く出ている方の特徴として

口角を無意識に上げていらっしゃる方が多いようです

リアルタイムレッスンでは
無意識に出る表情からその方の癖を読み取る作業をします

無理に良い表情(笑顔)をしようと
口角を上げ歯を見せて笑顔にする事で

いつの間にかアゴを使わない機会が多くなり
頬と口のバランスが崩れて

深いホウレイ線が出てしまうパターンが多いように
思います

アゴの衰えが酷い方は
基本の(い)の表情がやりずらいようです

い)の表情は真横にストレッチする
運動ですが横へ伸ばすより

上へ引き上げてしまい
ずっと頬が上がっているような状態で
ホウレイ線が目立つようなる

アゴが極端に弱い方は(い)の表情より
(へ)の字口で調整していきます。

怒った表情のへの字口をする事で
ほどんど使ってこなかった口下からアゴの顔筋を強化します

ある程度強化した後に加圧式の顔筋トレをし
さらにアゴと口下を強化してきます

頬とアゴの顔筋の差がなくなってくる事で
深くなったホウレイ線も改善します

ホウレイ線があるなら口角を上げてと
一つ覚えの顔筋エクササイズを続けていると

更に深いホウレイ線になっていくでしょう
シワやタルミの改善は顔筋が落ちている場所を鍛えるものです

本当に頬を鍛えなければならないのか
よく見極めなければならないでしょう




****************




*************












リアルタイムレッスン週一回

S様50代

アゴから頬のタルミ改善経過




白石様横顔改善例1〜8


トレーニングの回数事に変化しています


縦しわ2 のコピー 2縦シワ
レッスン5回目         トレーニング前


縦シワ改善例




   

口シワ比較
トレーニング3回目  トレーニング前

口からアゴのタルミとシワが改善し
シャープな輪郭に!!








miyamezoto at 23:23|PermalinkComments(0)