マブタのたるみ

2017年05月23日

40代後半マブタのタルミが気になる!加圧運動メゾット

40代後半になってくるとマブタが落ち目元が

弛んできます


顔の体操をしてマブタの衰えを改善しようとしても

効果が上がりません

顔の体操でマブタの落ちをとめるには

まだ張りがある40代前半まででしょう


40代半ばを過ぎれば体操をしても

上手くいかなくなってきます

それは何故なのか?


マブタの上にある皺眉筋を鍛えていくのですが

筋肉の衰えは額また頭部までに及んでいきます


そのためにいくら皺眉筋を鍛えても効果が上がらない

ではどうするのか?


額から頭部までリフトアップさせます


額や頭部は鍛えにくい箇所ですが


指や手を使って加圧させて鍛えていけば

鍛えにくい箇所にも筋肉が発達できるのです



加圧運動は指や手で負荷を作り一部分を強化し

また柔軟性をつくり筋肉を発達させていきます


マブタの落ちで眉をあげるエクササイズをして

効果が出ないなら加圧運動で負荷をかけて

トレーニングしてみてください


皺眉筋だけでなく額や頭皮まで柔軟性をつくり

動かしていきます


頭部まで筋肉をつけていけば

加齢で止まらないマブタの落ちも改善していくだろうと思います


まずは!上ストレッチを鍛えるトレーニングからはじめ

皺眉筋と連動させながら頬から頭部まで柔軟性をつくっていきましょう!

**********

加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます
(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)