年齢肌

2017年04月07日

眉間のシワ改善は皺眉筋を鍛える

眉間のシワが濃くなってしまったら

皺眉筋が衰えているという事です。


何度も眉間に力を入れている内に  

端の皺眉筋が衰え弛んでしまった結果


中央に深いシワが出来てしまったと

言えるでしょう


皺眉筋周辺の筋肉のバランスが

欠けた状況ということなのです。


バランスを取るには

端の部分を強化します


ちょうどピンと張った糸の

両端が緩んでるいる状態を


元に戻すように鍛えるという事でしょうか?


端の一部を鍛えるには

指を使います


眉尻に指を置き下へ

引き下げます


下へ引き下げながら

眉は上へ引き上げます。


負荷を掛けて

一部だけを鍛えるのです


ここで重要なのは

眉を引き上げる力があるかどうかです


皺眉筋が衰えているなら

おそらく引き上げる力は

弱いだろうと思われます。


引き上げる力が大きければ

それだけ筋力アップするという事です。


負荷を掛けて鍛える前に

まずは眉を引き上げる力をつけて

いかなければならないという事です。


基本のエクササイズ

目を開く動きを繰り返し

眉を引き上げる力をつけます!




miyamezoto at 20:02|PermalinkComments(0)

2017年04月02日

目元を引き上げるなら 表情筋の柔軟性!

目尻の下がりをなくし


目元を引き上げたいなら


表情筋を鍛えます。


目元が下がっている周辺を

指で触ってどれくらい

タルミがあるのか

調べます。


指で引き上げた分だけ

目元のタルミがひどいなら


顔の脇一帯が衰え

張りがなくなっている証拠なのです。


張りを戻すためには

肌の下にある

筋肉の層を発達させていくこと!


目元周辺の筋肉を発達させていくには

筋肉の柔軟性が必要になってきます!


柔軟性をつけていくには

普段から大きく動かしている部分を

テコに柔軟性をつけるのです。


表情の筋肉は大きくわけて

口と目と眉周辺、三箇所が柔軟性ポイントです


目元周辺なのだから目の周りだけ

動かしてしまいがちですが

本来一番柔軟性が出来るのは

口周辺なのです。


口の動かし方一つで

大きく柔軟性が変化するといっても過言では

ないでしょう。


大きな筋肉の波を起こしていく

イメージです。


口周辺から大きな筋肉の波を作り


目の周辺まで動く柔軟性を作ります。



加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


5種類の基本エクササイズはこちら!

 

ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています

リンク先にある動画を視聴し

負荷をかけて行う表情筋トレーニングを体験してみてください




具体的なエクササイズはリンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:20|PermalinkComments(0)

2017年04月01日

40代後半からの肌張り戻し方

40代後半になると

今まで気にならなかった肌のタルミやシワが

急に気になるようになってきます。


顔が浮腫んでいるようになるのは

顔下がりが起きて全体が衰え落ちてきているからなのです。


これ以上落とさないためには

筋肉を動かして落ちてきている

緩みを引き締めていく事です。


口を開ける閉じる目を開ける閉じるなどの

簡単な体操からはじめ

緩みをなくしていけるように

更に負荷をかけて筋肉の引き締めを強化していきます。


負荷を少しづつ 大きくし

落ちてしまった 肌の張りを戻す

筋肉を発達させていきます。


先ずは簡単な口周辺から鍛えて行きましょう!



加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


5種類の基本エクササイズはこちら!

 

ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています

リンク先にある動画を視聴し

負荷をかけて行う表情筋トレーニングを体験してみてください



加圧エクササイズはリンク先にて動画を

ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:30|PermalinkComments(0)

2017年03月26日

眉間のシワ改善は歪みを作る。

縦に走る眉間のシワは

一度出来てしまうと中々消えません

無意識にする表情ほど

癖を直すには至難の技です。


表情を 正せないなら

ついてしまったシワを薄くしていくほかありません

同じ表情を繰り返しすると

シワがドンドン深く濃くなってきます


今以上に深く濃くならないように

ついてしまったシワを分断します。


シワを指で歪めて分断していくのです

眉間のシワを指で押しながら歪め

皺眉筋を上下に動かします。


指でシワを歪める事でいつも

動いている方向とは

違う動きして

シワを薄くしていくのです


ここでポイントなのは

皺眉筋周辺の顔筋に柔軟性があるかどうか


指で押して顔筋が捻れるくらいの

柔軟性が無ければシワは分断出来ません!


捻れるくらいの柔軟性がない場合は

柔軟性をつけていくことから

はじめていきます。


皺眉筋を上下に動かして

指も上下に押します。

この時指と皺眉筋を反比例させた

動きをする事で皺眉筋に負荷がかかり


皺眉筋周辺を強化していきます!


はじめは


皺眉筋を上下に動かす運動が基本の

エクササイズです。


基本のエクササイズはリンク先の

動画を参照下さい。


目を大きく開ける表情と

目を縮める表情


眉間のシワがこれ以上付かないように

縮める動きの表情は眉間あたりに指を置いて

エクササイズします



************

加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


5種類の基本エクササイズはこちら!

 

ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています

リンク先にある動画を視聴し

負荷をかけて行う表情筋トレーニングを体験してみてください

具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:21|PermalinkComments(0)

2017年03月22日

目尻下がりの改善は頬筋の上げ

目尻の下がりが酷くなってきたと

気付いたらもうその時は

頬の筋肉が落ちています。


顔の筋肉も体と同じく重力にかてません

5年前の写真と見比べて頬の張りを確認してみましょう

頬筋の衰えと共に目尻を下げる笑顔は日常繰り返す無意識にしている表情


自慢の笑顔は

いつの間にか目尻を引き下げているのです

では、笑顔を止めれば目尻は下がらないのか?


多少の影響はあると思いますが

笑顔を止めてしまえば

笑顔にするために動いていた

良い影響の顔の筋肉も止めてしまう事になります。


自慢の笑顔を止める事なく目尻下がりを改善させるには


表情筋をポイントで引き上げていけば

目尻の下がりは改善するでしょう


ではどこをポイントで引き上げるのか?

口角から約3センチほど外側

口角から約1〜2センチほど上へ上がった地点

詳しくはリンク先の動画を参照

の表情筋を発達させます


いわゆるニコちゃんマークの口が出来るように

なるには横のストレッチと上へ引き上げるストレッチが必要です。

充分な柔軟性が出来なければ

目尻の土台となる頬筋を発達させることでは 出来ません。

先ずは!一番ウエイトが小さい所から

初めます!

ウエイトをあげる事で柔軟性を作り

太く強く筋肉をピンポイントで発達させていくのです。

⭐⭐⭐⭐⭐⭐


5種類の基本エクササイズはこちら!


具体的なエクササイズは
リンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 14:53|PermalinkComments(0)