消す

2017年03月30日

マリオネットラインは頬の引き上げとアゴのストレッチ

マリオネットラインのシワやタルミは

アゴから頬にかけての顔筋の衰えです。


鍛えなければならない筋肉は

大幅な範囲ですが

個人差によってかなり左右されます。

衰えが酷い人はアゴ下の筋肉から鍛えていかないと改善しないでしょう


ある程度張りが残っている場合は

頬筋の引き上げで改善します


頬の筋肉は笑筋などの口の周りにある

筋肉が土台になり

そこ上に頬筋が乗っている状態です。

日常あまり口角を上げる機会がない方などのは

頬筋が落ちる為

マリオネットラインが出来やすいでしょう。


頬筋が落ちていると思うなら

笑筋を発達させる所からはじめます!

笑筋を発達させるエクササイズは

リンク先へ


マリオネットラインなどのシワやタルミは

複合的な要因や原因が多く

頬筋を動かしても改善されない場合は

別の筋肉が衰えていると思います。


どこが原因でタルミやシワが出来るのか

個人個人で差があるもの

誰かが効果があった

トレーニングでも

必ずしも自分に合ったものではありません


自分の顔筋の状況を

把握する所からはじめましょう!



**********


加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


5種類の基本エクササイズはこちら!

 

ホームページでは

初段階の加圧運動をご紹介しています

リンク先にある動画を視聴し

負荷をかけて行う表情筋トレーニングを体験してみてください



♪口を鍛える加圧運動エクササイズ


具体的なエクササイズはリンク先にて動画を
ご視聴頂けます!







★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年01月16日

マリオネットラインは口角挙筋を引き上げる

頬から口のタルミによる
マリオネットラインは口角挙筋の引き上げで
改善できます

口角挙筋は口角を引き上げる顔筋です


(V)字の口をして口角を引き上げる
トレーニングをします


丁度口端から約1センチ内側に位置し
また口端から約1センチ上の箇所に

引き締まった筋肉の感覚ができると思います

その位置に筋肉が堅くなっている感覚ができると

口角をあげる筋力がある程度ついたと思ってください

(V)字の口はかなり口角が上がらないと
できない形状です

いきなり(V)の口ができない場合は

(え)の表情で引き上げの柔軟性をつけていきましょう!

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます






★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします







miyamezoto at 19:00|PermalinkComments(0)

2016年09月13日

ホウレイ線は頬筋を深く鍛える

ホウレイ線が浅い場合
よくある顔筋のエクササイズで十分でしょう

もしホウレイ線が深く濃くなってしまっているなら

深く立体的に鍛えないと改善しにくいだろうと思います

ホウレイ線を深く立体的にとはどういう事なのか?

ホウレイ線が深くなるのは
何度も同じ表情を無意識にしている結果
ホウレイ線が深くなってしまうのです

口をあけて頬を引き上げて笑います
その時動いている顔筋は丁度口角の少し上あたり
笑筋と呼ばれる部分でしょうか?

笑筋を繰り返し動かしていると
頬筋が浮き上がり余ってきてしまうのです

浮き上がっていく部分が大きくなればなるほど
ホウレイ線は深くなっていきます

頬が浮き上がらないようにするには
頬を立体的に鍛えます

立体的に鍛えるには手を使います
手を斜めに上斜め下にと頬を押します

頬を押しながら口を同じく
斜め上斜め下にXを描きながら動かします

その時丁度手の動きと反比例するように
負荷をかけます

頬筋を伸ばし、また圧縮します
Xを描くように頬筋を動かします

負荷がかかり伸縮することで
深くなっているホウレイ線の奥を鍛える事ができます
(ただし口を斜め上下に動く柔軟性が必要です)

頬が浮き上がる事なく立体的に鍛えて
深くなってしまったホウレイ線を改善します!


********

5種類の基本エクササイズはこちら!

具体的なエクササイズはリンク先にて動画を
ご視聴頂けます!



**************






目の下のタルミ改善体操!(1回)




縦シワ改善体操1回目















 体験入り口ここから!




★首から目元まで全カリキュラム★








miyamezoto at 21:58|PermalinkComments(0)

2016年09月12日

マリオネットライン改善は上下の柔軟性をつける!

マリオネットラインが出来やすい方は
口を大きくあける筋肉が
衰えている方が多いように思います

横のストレッチと上下のストレッチで
口元の弛みは改善します。

とくに上下のストレッチは
口元の弛みには有効です。

ではどのようにストレッチをさせていくのか!

口を突き出し鼻に唇をつけるように
口を上にあげます

5秒間表情をキープしたら
今度は口角を下げ
(へ)の口にして
5秒間キープ

口を上にあげ下にさげと
交互にエクササイズしましょう!

ある程度柔軟性ができたら
今度は加圧していきます

指を口はしに置いて
上へ下へ指で押します

この時基本エクササイズ(へ)と(う)
基本の動きとは真逆に
丁度反比例させるように
指を上下にさせましょう!

口から頬にかけて
顔の中央周辺をポイントで強化します

マリオネットライン改善は
上下の柔軟性をつける事で
口元が引き締まってくるようになります!


5種類の基本エクササイズはこちら!







 






miyamezoto at 20:19|PermalinkComments(0)

2015年11月28日

【ゴルゴ線改善体操】1段階メゾット



口は笑ってるけど

目は笑ってない人は


ゴルゴ線ができやすいです。


頬全体で笑と改善されますよ

(えーー)と声を出して口角から頬を上げましょ

 
意識して頬を上げる笑顔を作る事で

頬の顔筋が引き上がってきます!


引き上げの柔軟性がついたら

今度は横ストレッチをつけていこう!

ブログ記事参照しメゾットをこなそう!


 


*********

加圧運動トレで必要な柔軟性とは?!(ブログ記事参照ください)


★加圧表情筋トレ!横ストレッチをつけよう!(参照)★

★加圧表情筋トレ上ストレッチをつけよう!(参照)★

加圧運動トレは柔軟性が必須!

Googleスライドでレッスン♪
(え)の表情で頬を鍛えよう

▶︎の印をクリック&tapし動画をご視聴ください









miyamezoto at 09:05|PermalinkComments(0)