老け顔改善

2017年06月06日

眉間のシワ改善(額から頭部)に張りをつけよう!

顔が縮む事で引き起こる

眉間のシワ

何度もしかめる表情をすると

顔の中央の筋肉が硬直し下に下がっていきます

下へ下がる力と比較して上で支えている力の

バランスが崩れてしまうと

タルミになり眉間にシワが寄ってしまうのです

上で支える筋力があればタルミは生じません

眉間にシワが出来るのは

上で支えている額から側頭部〜頭部の

筋肉の落ちなのです

眉間のシワを解消(消す)するには

側頭部から頭部まで引き上げる筋力が必要です

側頭から頭部は日常ほとんど動かせていません

 

さらにタルミができるほど

加齢の筋力低下になっているために

いきなり動くようになりません

はじめは動く範囲から

トレーニングを開始していきます

顔筋のよく動く範囲

目と口周辺

側頭部から頭部を動かすためには

皺眉筋の柔軟性と口角を引き上げる柔軟性を

連動させながら鍛えます

 

ごく簡単な顔の体操で

眉と口を上げる柔軟性ができたら

ウエイトをかけて更にトレーニングしていきます

ウエイトをかける範囲と力を強くする事で

ゴールである側頭部から頭部まで

動くようになってくるでしょう


**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます



(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします






miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年06月04日

顔が伸びる(上唇挙筋)を発達させよう!

若い頃は締まった顔つきだったのが

年齢を増すごとに間延びした印象になる

顔が伸びた印象を受けるのは

上唇挙筋の衰え

表情が出ない方は

得に筋肉の落ちが酷く

唇と鼻の間が開いていくと思います

鼻中心2〜3㎝のエリアは日常動かす機会が少なく

衰えやすい顔筋です

dddsorn


顔の体操をしても

其の部分だけを鍛える事は

困難な箇所

顔伸びを改善するには

上唇挙筋を発達させます

一部分だけを発達させるために

ウエイトをかけながら

トレーニングしていきます

負荷をかける事で発達させたい

部分だけを強化する事ができるのです

ではどうやってウエイトをかけるか?

自分の指や手で負荷をかけていきます

間延びしてる気になる部分に指をおいて

上下に負荷をかけて顔のエクササイズをします

鼻中央から2〜3センチのエリアは得に動かない

部分です

一番動く箇所から上唇挙筋を鍛えます

日常常に使っている筋肉を強化する所からはじめていきます

口角を引き上げる(え)の口で上ストレッチの柔軟性を十分につけていきましょう

大きく動く上ストレッチがつけば

上唇挙筋の上に指を置きウエイトをかけて

エクササイズしても引き上がってくれると思います

ウエイトをかける前段階の基本エクササイズから

はじめていきましょう


**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます



(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします






miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年05月26日

50代は目元が痩せてくる加圧運動メゾットでアンチエイジング

50代前後になってくると目元に限らず筋肉が落ち

痩せてきます。

一番目立つのは目元ですが

側頭部や頭部から衰え痩せてきますので


顔つきがガラッと変わってくる年代です

筋肉が落ち痩せてくるので


肌の張り感が感じられなくなってきます

とくに頬から上のパーツは


表情筋体操をしても筋肉がつきません

鍛えてもせいぜい口から頬周辺の一部分


痩せてくる50代でも肌をふっくらさせていくには

伸びる筋肉をつけ

頬から上のパーツに筋肉を発達させていく


頬から上のほどんど動かない

所を鍛えるには柔軟性をつけていく


大きく伸びる筋肉がつけば

指や手で押さえて顔の体操をすることで


押さえた部分が

より大きく動き鍛えていけるのです


筋肉が伸びる分だけ押さえた力で動くという理屈です


ではどのように柔軟性をつくっていくのか

はじめは簡単な顔の体操からスタートして

顔の筋肉が動くようになったら


負荷をかけて体操をします

負荷が掛かった所が柔軟性が出来てくるのです


動きやすい所ですので口周辺

そこから首元へ伸ばす

また頬へ引き上げる


上のストレッチ

横のストレッチと


口から頬を中心に伸びる範囲をドンドン広げていくのです

ホームページには初段階のエクササイズ動画をアップしています




外眼筋の発達と頬筋の土台を発達させる事で目元に張りが戻ります

57
2017年現在(49歳)
目元顔筋の状況です



加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます


(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年05月22日

縮み顔は加圧運動メゾットで戻そう!

縮んだような印象の顔は老け顔の元

加圧運動で張り顔に戻そう!


縮み顔の原因は顔筋の端の衰えによるもの

とくにコメカミから側頭部までの


落ちにより目元が中央によった印象になるのです


以前よりも顔が中央によったと感じるなら

コメカミから側頭部の顔の縁が衰え落ちていると

認識しましょう!


顔の縁を鍛えて中央によったアンバランスを整えていけば

縮んだ顔の印象も改善してくるでしょう

それには加圧運動で一部分の強化と顔の端まで伸びる柔軟な


筋肉が必要です


縮み顔の原因個所コメカミから側頭部まで

柔軟性をつけるには


上へ引き上げる柔軟性と

側頭部まで伸びる

横のストレッチをつけていきます


              

**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます


(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年05月21日

眉間のシワを消す加圧運動メゾット!

眉間のシワを加圧運動で解消する

加圧運動では柔軟性が必須

眉間のシワを改善していくには

上ストレッチをつけ

引き上げの柔軟性をつけていきましょう


眉間のシワ解消に必要な

引き上げの柔軟性は初段階

目と頬の筋肉を動かしていきます!


目の筋肉は目を開け閉めしながら

眉を上下にさせます


頬の筋肉は(え)の表情口角を引き上げる

口をします


いずれも基本形のエクササイズで

柔軟性をつけていきます


ある程度柔軟性がついたら

より強化するために加圧運動でさらに鍛えます


指や手を置く位置で鍛えたい箇所を選定させ

眉間のシワが出来る原因個所に加圧運動をしていきます


眉間のシワを解消していくには

眉尻からコメカミ

更には額の両端を部分的に鍛えていくこと


眉間のシワは顔の中央に力がより過ぎてバランスが崩れている

状態なのだと認識してください


そのため顔の端を部分的を強化する必要があるのです


指を置く位置は顔の縁に集中させなければならない



ただ顔の端という箇所は

動かない所です


動かないので柔軟性をだし

鍛えたい箇所まで筋肉を伸ばすという理屈です


柔軟性をつけていくためには

はじめはごく簡単な所から

トレーニングをはじめていきます





加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます



(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)