老け顔改善

2018年10月23日

あひる口で10代の顔になる!

年代によって顔の作りは変わってきますが
老けた顔と若々しい顔の差は目と鼻と口の長さが違います
アニメや漫画で年齢を出すには
顔を長く書くように
目と鼻が近い距離の顔は若々しく見えるのです

加齢で筋肉が衰えてくると目と鼻の間にある顔筋が痩せてくる
だから老けた印象になるのです
若い顔つきになるには鼻の周りに筋肉をつけ
目と鼻と口の距離を縮めることです

それにはムキムキな太った筋肉をつける必要がある
ムキムキ筋肉をつけるにはウエイトをあげて太らせていかなければなりません

ではどのようにして行くのかというと
あひる口をして手で負荷をかけます

あひる口は(う)の表情
口を前に突き出す口ですね

あひる口にするには(う)の口からさらに横にストレッチさせます
あひる口はある程度表情筋をなじませてないとしにくい口なので
はじめは(う)の口からはじめ
前に突き出してさらには上唇を鼻につける訓練が必要です

10代の顔つきのようなパンと張った肌にするまでには
ウエイト1段階からはじめます



4855









加圧式エクササイズ(レベル9段階)
動画のように口を左右に動かして指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪





miyamezoto at 19:46|PermalinkComments(0)

2018年10月10日

50代の肌ブヨ感を感じる

50代になると今までよりも肌の張りが減ってきます。

指で触ると跳ね返す弾力が弱くなり


酷いとブヨっとした肌の感覚になるところもある


そのブヨ感はよう注意です。

何処にブヨ感出てますか?


頬でしょうか?口の周辺でしょうか?


ブヨ感があるならその下の表情筋がかなり衰えてる証拠です。

指で押して跳ね返す弾力がないと思うなら

筋肉を動かして鍛えてみてください


ブヨ感が酷い場合表情筋をポイントで動かしてみましょう

指で押さえて表情筋を動かします


筋肉を圧縮する事でブヨブヨしてる箇所の一部分だけを

ポイントで鍛える事ができます


それには十分な準備運動が必要です

顔の体操をして口を四方八方に伸ばす柔軟性をつけていきましょう



頬を鍛える振り子エクササイズ

加圧式エクササイズ(レベル9段階)

eye3666







動画のように口を左右に動かして指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪加圧式顔筋トレ(メゾットのススメ)(参照)



基本の動き一覧ページはこちら!

加圧表情筋トレはレベル1段階〜10段階以上〜
順番に鍛えていこう

 

miyamezoto at 21:00|PermalinkComments(0)

2017年06月06日

眉間のシワ改善(額から頭部)に張りをつけよう!

顔が縮む事で引き起こる

眉間のシワ

何度もしかめる表情をすると

顔の中央の筋肉が硬直し下に下がっていきます

下へ下がる力と比較して上で支えている力の

バランスが崩れてしまうと

タルミになり眉間にシワが寄ってしまうのです

上で支える筋力があればタルミは生じません

眉間にシワが出来るのは

上で支えている額から側頭部〜頭部の

筋肉の落ちなのです

眉間のシワを解消(消す)するには

側頭部から頭部まで引き上げる筋力が必要です

側頭から頭部は日常ほとんど動かせていません

 

さらにタルミができるほど

加齢の筋力低下になっているために

いきなり動くようになりません

はじめは動く範囲から

トレーニングを開始していきます

顔筋のよく動く範囲

目と口周辺

側頭部から頭部を動かすためには

皺眉筋の柔軟性と口角を引き上げる柔軟性を

連動させながら鍛えます

 

ごく簡単な顔の体操で

眉と口を上げる柔軟性ができたら

ウエイトをかけて更にトレーニングしていきます

ウエイトをかける範囲と力を強くする事で

ゴールである側頭部から頭部まで

動くようになってくるでしょう


**********


画像のように口を左右に動かして指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪

mousu875



口を左右に振る振り子加圧エクササイズ!

リンク先の動画を視聴しレッスンしてみよう♪

(振り子加圧運動★動画視聴ページ)





★無料カウンセリング実施中★



貴方の顔筋に合わせて
カリキュラムをご提案いたします!


自分でレッスンしても効果が出ない
やり方がよく分からない等
お困りの方はこちらへ
貴方に合わせたトレーニングを
そのつど提案し確実に柔軟性をつけて
効果をあげていきます


★詳しくはこちら★




miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年06月04日

顔が伸びる(上唇挙筋)を発達させよう!

若い頃は締まった顔つきだったのが

年齢を増すごとに間延びした印象になる

顔が伸びた印象を受けるのは

上唇挙筋の衰え

表情が出ない方は

得に筋肉の落ちが酷く

唇と鼻の間が開いていくと思います

鼻中心2〜3㎝のエリアは日常動かす機会が少なく

衰えやすい顔筋です

dddsorn


顔の体操をしても

其の部分だけを鍛える事は

困難な箇所

顔伸びを改善するには

上唇挙筋を発達させます

一部分だけを発達させるために

ウエイトをかけながら

トレーニングしていきます

負荷をかける事で発達させたい

部分だけを強化する事ができるのです

ではどうやってウエイトをかけるか?

自分の指や手で負荷をかけていきます

間延びしてる気になる部分に指をおいて

上下に負荷をかけて顔のエクササイズをします

鼻中央から2〜3センチのエリアは得に動かない

部分です

一番動く箇所から上唇挙筋を鍛えます

日常常に使っている筋肉を強化する所からはじめていきます

口角を引き上げる(え)の口で上ストレッチの柔軟性を十分につけていきましょう

大きく動く上ストレッチがつけば

上唇挙筋の上に指を置きウエイトをかけて

エクササイズしても引き上がってくれると思います

ウエイトをかける前段階の基本エクササイズから

はじめていきましょう




miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年05月26日

50代は目元が痩せてくる加圧運動メゾットでアンチエイジング

50代前後になってくると目元に限らず筋肉が落ち

痩せてきます。

一番目立つのは目元ですが

側頭部や頭部から衰え痩せてきますので


顔つきがガラッと変わってくる年代です

筋肉が落ち痩せてくるので


肌の張り感が感じられなくなってきます

とくに頬から上のパーツは


表情筋体操をしても筋肉がつきません

鍛えてもせいぜい口から頬周辺の一部分


痩せてくる50代でも肌をふっくらさせていくには

伸びる筋肉をつけ

頬から上のパーツに筋肉を発達させていく


頬から上のほどんど動かない

所を鍛えるには柔軟性をつけていく


大きく伸びる筋肉がつけば

指や手で押さえて顔の体操をすることで


押さえた部分が

より大きく動き鍛えていけるのです


筋肉が伸びる分だけ押さえた力で動くという理屈です


ではどのように柔軟性をつくっていくのか

はじめは簡単な顔の体操からスタートして

顔の筋肉が動くようになったら


負荷をかけて体操をします

負荷が掛かった所が柔軟性が出来てくるのです


動きやすい所ですので口周辺

そこから首元へ伸ばす

また頬へ引き上げる


上のストレッチ

横のストレッチと


口から頬を中心に伸びる範囲をドンドン広げていくのです

ホームページには初段階のエクササイズ動画をアップしています




外眼筋の発達と頬筋の土台を発達させる事で目元に張りが戻ります

57
2017年現在(49歳)
目元顔筋の状況です



加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

 加圧式表情筋トレーニングとは?(参照

 

5種類の基本エクササイズと

上下左右の加圧する角度の組み合わせで


一部分を強化していきます


(加圧運動★動画視聴ページ)




★★

加圧運動は基本の顔筋体操に指で加圧させながら

鍛えていく顔筋版ウエイトトレーニング方です


加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます


確実にシワやタルミを改善しよう!
morimori


横顔画像参照)
柔軟性が出来ると
赤い範囲に筋肉の盛り上がりができます。
タルミやシワの原因個所を
指や手で☝角度へ加圧運動して
赤の範囲に筋肉をつける事でリフトUPします



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)