表情筋

2018年10月06日

50代の今だから加圧式の顔筋トレ

ウエイトを上げて鍛える顔筋版加圧トレーニングは


よくある表情筋トレの盲点をついたトレーニング方だと


何度かこのブログで紹介してきました


50代になった今加圧トレーニングを続けて良かったとしみじみ思います


普通の顔体操だけ続けていたらとっくに老いに負けて諦めていただろう


自分の老いを実感してくる30代後半に


表情筋を鍛える方法を知りました。


あの頃は顔体操をせっせとやっててそれで満足してました。


肌の張りがあったせいか何も疑問も感じなかった


口を開けたり目を見開いたり簡単な体操でも


効果があって肌の張りもずっと維持出来るものだと思ってたのです。


ところが熱心にすればするほど変なシワになってきて

結局普通の顔体操はやめてしまいました


指や手でウエイトをかける

加圧式のエクササイズをやり出してからは

顔の筋肉が均等になって

変なシワには消え加圧式に変えて良かったとしみじみ思います



50代なので全ての部位に張りが残っているわけじゃないですが


目に見えてシワやタルミが酷いわけじゃないので


このままの状態を出来るだけ維持していきたいと思います



頬を鍛える振り子エクササイズ

加圧式エクササイズ(レベル9段階)

eye3666







動画のように口を左右に動かして指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪




miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年09月27日

振り子加圧顔筋トレは柔軟性が必須!

加圧式顔筋エクササイズで最新のトレーニングは

口を左右に振って手や指で負荷をかけて鍛えます

5年前から加圧式の顔筋トレをやりはじめ試行錯誤し

今の振り子エクササイズに至りました

5年間自分の顔筋と向合っていく内に

表情筋をより遠くに引き延ばして顔の端まで動かせるように

振り子エクササイズへ辿り着いたという事でしょうか

表情筋をより遠くとはどういう事かというと

口を動かす振り幅を最大限に長伸させるという事です

横 上 斜め と口の伸び率を大きくさせる事で

動かせにくかった顔筋まで鍛える事が出来るようになるんです

それには口の柔軟性をつける訓練が必要になってきます

はじめは基本エクササイズから慣らしていき指を使って少しつづ負荷をかけ

鍛えていく事でより大きな柔軟性をつけていくのです

柔軟性がないと負荷をかけて鍛えても動いてくれません


まずは基本エクササイズからウエイト一段階と段階をへて柔軟性をつけます

画像のように口を左右に動かし指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪


mousu875

口を左右に振る振り子加圧エクササイズ!

リンク先の動画を視聴しレッスンしてみよう♪

(振り子加圧運動★動画視聴ページ)








miyamezoto at 16:22|PermalinkComments(0)

振り子顔筋体操でシワ、弛みを解消しよう!

口を左右に振り子にして顔の体操をするエクササイズ

顔筋の体操や顔ヨガでも紹介されていていますが

今回ご紹介するのは手や指を使って負荷をかけた体操です

普通の振り子体操と何が違うのかと言うと顔の輪郭を部分的に鍛えられます

輪郭を部分的に鍛える事がどんなメリットがあるかというと

普通の顔体操や顔ヨガでは鍛えきれない部分を補えるという利点です

顔筋体操のデメリットはブログでも再三お伝えしてきましたが

同じ所を繰り返し鍛えていくと動かない所が出てきます

それを知らずにやり続けていくと顔筋や顔ヨガの副作用のシワや弛みが出てきます

そのデメリットを解消するエクササイズ

振り子加圧トレーニング

口を左右に振りながら手や指で負荷をかけて鍛えます

画像のように口を左右に動かし指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪

mousu875

口を左右に振る振り子加圧エクササイズ!

リンク先の動画を視聴しレッスンしてみよう♪

(振り子加圧運動★動画視聴ページ)







miyamezoto at 16:05|PermalinkComments(0)

2017年06月09日

頬がコケるウエイトをかけて筋トレしよう

頬がコケて顔に影が出る

老け顔を改善するには

 

頬筋にウエイトをかけて

鍛えます

 

頬筋体操だけをしていても

ふっくらとした頬にはなりません

 

ウエイトをかける事で

筋肉が太くなっていきます

 

頬コケを改善するには

頬筋を大きく発達させていく

 

それには負荷をかけて鍛えます

ダンベルやバーベルの代わりに

 

身近にある指や手を使ってウエイトをかけ

 

頬筋を引き上げる(え)の口の体操をします

 

ウエイトをかける力も最初は

小さくし柔軟性ができたら

 

負荷をかける指の角度を変え

ウエイトを引き上げて

トレーニングしていきます

 

頬コケは顔の輪郭部分の落ちなので

輪郭部分の筋肉を発達させないと

 

改善しないでしょう

顔の体操だけでは輪郭まで

鍛える事は困難ですが

 

指や手を使うことで

顔の端まで筋肉を動かす事が可能性になります

 

 

それには負荷をかけて鍛える事で

大きく柔軟性を作ります

 

頬コケの改善は

大きな筋肉の発達と

顔端まで届く柔軟性が必要です

 

ウエイトをかけて

筋肉の発達と柔軟性を作っていこう!



**********



miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年06月08日

マリオネットライン改善ウエイトをかけよう

マリオネットラインのタルミは


アゴ下の筋肉の引き締めと




アゴ端の筋肉の引き上げで改善していきましょう


口を開く体操で筋肉を引き締めていきますが




普通に体操をしても酷いタルミは改善しにくく


途中で断念しがちです


ウエイトをかけてエクササイズする事で


筋肉の運動量はより強化されます


ウエイトは器具は使用しません


指や手を使って負荷をかけます


マリオネットラインはアゴと頬の


筋肉の衰えなので


アゴを強化する口角を下げる(へ)の口と


頬を引き上げる  (え)の口でトレーニングします


ウエイトはいづれも左右の角度で


負荷をかけてエクササイズします




口角を下げる(へ)の口は


指を置く位置を輪郭の骨の上


口角を上げる  (え)の口は


指を置く位置を口角の真上にします


いづれも圧縮のウエイトをかけながら


口を動かしエクササイズしていきます

**********

Googleスライドでレッスン♪
(へ)の表情で口からアゴを鍛えよう

▶︎の印をクリック&tapし動画をご視聴ください










miyamezoto at 20:00|PermalinkComments(0)