頬のたるみ

2018年11月09日

ひょっとこ口で上唇挙筋を発達させてゴルゴ線を改善しよう

上唇を鼻までつける表情いわゆるひょっとこの口をします
画像参照)hixyoxtutoko
口を上げることで鼻の両脇が張ったように
筋肉が盛り上がっていますが
鼻の脇にある表情筋上唇挙筋が圧縮されるからです

頬を斜めに走るゴルゴ線は上唇挙筋が衰え下がってくることで
頬が弛んでくるのですが
ヒョットコ口をすることで上唇挙筋が引き上がり頬のタルミが改善します

ゴルゴ線ができている人は唇を鼻につける
ヒョットコ口は苦手でやりずらいでしょう

上唇を鼻にまでつけるようになるまで繰り返しトレーニングしましょう
10秒〜20秒間表情をキープ

表情を保てるようになったら上唇挙筋の上に指をおいて下へ下げ
少し負荷をかけます

ウエイトをかけ加圧して鍛えれば上唇挙筋が発達し鼻の両脇に筋肉がついてくるでしょう

ヒアルロン酸を注入せずとも筋肉をつけ自然な頬の張りを戻せます


基本エクササイズ(ひょっとこ口)から加圧エクササイズで頬筋を発達させよう♪






miyamezoto at 20:30|PermalinkComments(0)

2018年11月04日

Googleスライドで頬を鍛えよう加圧式顔筋トレ

手で負荷をかけて鍛える加圧式表情筋トレーニング

手を上下左右斜めにと角度を変えて力を入れ顔の体操をして
鍛えていきます

やり方はとても簡単なのですが
正しくエクササイズしないと負荷がかからないため
鍛えていく順番が重要になってくるのです

基本の顔の体操で柔軟性をつけ

加圧運動へと進みます

柔軟性をつけるという手順を踏まないと効果が出てこないため

どうご紹介していいかと考えGoogleスライドを使って
レッスンしていただくようにしました

頬は(う)と(え)の基本形

負荷をかける向きは左右になります

下記のGoogleスライドから動画を再生し

青色の項目のリンク先へ進みます

鍛える順番はトレーニング一覧先にある項目を確認して

基本から加圧へと進んで鍛えます

レベル1段階からはじめ頬筋を強化してリフトアップさせていきましょう!


Googleスライドでレッスン♪

加圧式表情筋トレ

レベル1段階

(え)の表情で頬を鍛えよう

▶︎の印をクリック&tapし動画をご視聴ください







miyamezoto at 21:00|PermalinkComments(0)

2018年11月01日

上唇挙筋や口角挙筋の衰えでゴルゴ線ができる

鼻を挟んで両側にある表情筋の上唇挙筋や口角挙筋

優しい微笑みを作る表情筋で上唇挙筋や口角挙筋が発達している人は

目が優しい印象になります

口は微笑んでるけど目が笑ってない人がいますが

上唇挙筋や口角挙筋を使ってないとゴルゴ線になりやすい

加齢で衰えてくるのと相まってタルミが目立つようになるのです

ゴルゴ線ができているなら上唇挙筋や口角挙筋を部分的に鍛える必要があります

顔の体操で改善はしますが完全にたるみがなくなるまでには至りません

頬の張りを戻す場合上唇挙筋や口角挙筋をポイントで強化する必要があるのです

kaatuu-e


上唇挙筋の上に指をおき下へ加圧しながら顔体操をします

指で負荷をかけることでポイントで部分的に強化します




miyamezoto at 21:30|PermalinkComments(0)

2018年10月28日

ほうれい線!笑筋と咬筋の強化で改善!

老け顔の代名詞とも言えるほうれい線

ほうれい線が目立ってくると老けた印象になる

ほうれい線ができる原因は笑筋と咬筋の衰えによるもの

いつも大きな口を開けて笑ってる人はほうれい線はできにくい

噺家である明石家さんまさんは

60代でもほうれい線はあまり目立ちませんね

いつもあれぐらい馬鹿笑いできれば良いのですが

なかなかあんな風にはなれません

ほうれい線が目立ってきたなら

笑筋と咬筋に負荷をかけて鍛えます

負荷をかけて鍛えることで明石家さんまさんのような

いつも毎回大きな口を開けて笑ってるのと同等の効果や

それ以上に筋肉を動かしていることになるのです

笑筋と咬筋を手で圧縮させて笑う表情(え)の口をします

笑筋や咬筋に負荷をかけ柔軟をつける

口角を上へ上げる(え)の口で咬筋を
圧縮させて鍛えます

enokaatu




miyamezoto at 19:00|PermalinkComments(0)

2018年10月24日

頬のコケあひる口で改善する

頬がコケる頬が落ちる
老けた印象になる頬のこけ
若い顔立ちは頬の横幅が大きくパンと張ってます

若い頃はアンパンのような顔つきでコンプレックスだったのに
年齢が増してくると頬が削げ落ちてくる

頬をパンと張らせていくには頬筋をムキムキに鍛えます
筋肉をつけていけば若い頃の顔つきになれる

ではどうやって筋肉をつけていくのか?
ボディビルダーの顔筋版といったところでしょうか?

負荷をかけウエイトをかけていくことで
太いムキムキの筋肉になるのです

4855

画像のような口を前に突き出し
さらにあひる口のように横ストレッチを作ります

上唇を鼻につけさらに横に広げていくのですが
いきなりできるものではないので
簡単な体操からはじめていきます

基本のエクササイズから負荷かけてするエクササイズへ

ウエイト1段階からはじめよう

頬を鍛える振り子エクササイズ

加圧式エクササイズ(レベル9段階)

動画のように口を左右に動かして指で負荷をかけてエクササイズしてみよう♪






miyamezoto at 20:30|PermalinkComments(0)